上矢印を示すアイコン 外部リンクを示すアイコン Xを示すアイコン Lineを示すアイコン Facebookを示すアイコン リンクコピーを示すアイコン グリッドレイアウトを示すアイコン リストレイアウトを示すアイコン 左矢印を示すアイコン 右矢印を示すアイコン

オオダイガハラサンショウウオ おおだいがはらさんしょううお

オオダイガハラサンショウウオ1
所在地 県内一円
指定年月日 平成30年9月26日指定
指定等区分 県指定
文化財分類 天然記念物

解説

両生綱有尾目サンショウウオ科に属する全長15センチ程のサンショウウオ。和歌山県、三重県及び奈良県に分布する紀伊半島の固有種。普段は河川源流域周辺の林床で生活するが、2~4月の繁殖期には水中に集まり、産卵する。5月頃に孵化した幼生は多くが水中で越冬し、翌年に上陸する。主に昆虫類やミミズ類などを食べる。
県内では護摩壇山(ごまだんざん)、白馬山(しらまやま)、笠塔山(かさとうやま)、果無山脈(はてなしさんみゃく)、大塔山(おおとうさん)などで生息が確認されており、これらの地域では源流周辺の皆伐を行わないようにするなど、生息環境の保全を図る必要がある。