上矢印を示すアイコン 外部リンクを示すアイコン Xを示すアイコン Lineを示すアイコン Facebookを示すアイコン リンクコピーを示すアイコン グリッドレイアウトを示すアイコン リストレイアウトを示すアイコン 左矢印を示すアイコン 右矢印を示すアイコン

宮﨑家住宅 みやざきけじゅうたく

宮﨑家住宅1
員数 3棟
構成要素 主屋(しゅおく)、土蔵(どぞう)、長屋門(ながやもん)
地域 海草地域
所在地 和歌山市加太1388
時代 大正前期~後期
指定年月日 平成29年6月28日登録
指定等区分 国登録
文化財分類 有形文化財(建造物)
所有者 個人

解説

淡路街道に面して建つ町家。当家はかつて綿布製造業を営んでいた。街道に面して主屋を建て、その後ろに長屋門、屋敷の最も背面に土蔵を建てている。
主屋は桁行6間半、梁間4間の総2階建で、大正7年(1918年)に建設された。黒漆喰塗りの外観で、2階正面には銅板折戸を付ける。土蔵は切妻造本瓦葺で、2階建で、こちらも主屋と同じ大正7年(1918年)に建設された。長屋門は切妻造桟瓦葺、平屋建で、主屋に直交して建つ。大正後期に建設されたものである。

所在地

Googleストリートビュー