上矢印を示すアイコン 外部リンクを示すアイコン Xを示すアイコン Lineを示すアイコン Facebookを示すアイコン リンクコピーを示すアイコン グリッドレイアウトを示すアイコン リストレイアウトを示すアイコン 左矢印を示すアイコン 右矢印を示すアイコン

慈尊院多宝塔 じそんいんたほうとう

慈尊院多宝塔1
員数 1基
地域 伊都地域
所在地 伊都郡九度山町慈尊院832
時代 江戸時代
指定年月日 平成6年4月20日指定
指定等区分 県指定
文化財分類 有形文化財(建造物)
所有者 慈尊院

解説

境内の南西隅に位置する。下層柱間三間、銅板葺(元は檜皮葺(ひわだぶき)と思われる)の多宝塔で、大規模で木太く、組物(くみもの)もしっかりと造られている。頭貫(かしらぬき)の木鼻(きばな)や垂木(たるき)などの形式は17世紀前期の様相を伝えており、『高野山文書』に納められている寛永元年(1624年)の棟札の写しと符合する。数少ない大規模で正統的な多宝塔で、史跡としての寺観を整える上でも貴重である。

所在地

Googleストリートビュー