上矢印を示すアイコン 外部リンクを示すアイコン Xを示すアイコン Lineを示すアイコン Facebookを示すアイコン リンクコピーを示すアイコン グリッドレイアウトを示すアイコン リストレイアウトを示すアイコン 左矢印を示すアイコン 右矢印を示すアイコン

オオサンショウウオ おおさんしょううお

特別史跡名勝天然記念物

オオサンショウウオ1
所在地 地域を定めない(主な生息地:岐阜県、三重県、兵庫県、広島県、島根県、鳥取県、大分県ほか11府県)
指定年月日 昭和26年6月9日指定、昭和27年3月29日特別天然記念物指定
指定等区分 国指定
文化財分類 天然記念物

解説

岐阜県以西の本州・四国・九州の河川上流地域に分布する。全長が1.5メートルに達した記録があり、現在生息している中では世界最大級の両生類である。一生を水中で過ごし、上陸することはほとんどない。寿命は長く、50年以上生きた記録がある。主に魚やカニなどを食べる。
個体数が減少してきていること、日本固有種で学術的な価値が高いことから、特別天然記念物に指定されている。
県内では、兵庫県から移入された個体群が古座川流域で定着している。